So-net無料ブログ作成
検索選択

6年か [日々徒然]

あの日から6年経つんですね。
長かったような短かったような。

ちょうどシフトの関係で休みだったから
出先から二駅歩いて帰って、震度や震源地を
確かめるためにつけたテレビからは
信じられない光景が流れてた。

翌日、どうにか出勤してその次の日からは
水産庁の船に物資を積み込むのを手伝った。

その頃、千葉のコンビナートで火事が
あったからか、咳の症状とかすっ飛ばして
一気に咳喘息になったな。

そして、気がつけば失業してた。
建物が不特定多数の人が入れないからと。

つまりだ、震災離職だ。なんの補助金もないけどね。
わたしが学芸員として働けなくなった七回忌だ。

航海士免状を持って学芸員資格があって、
資格はないけど館内図書館で司書
ようなこともして。

雑芸員なんて業界では言ってたけど…

あぁ、なんか避難した人とはまた別のところで
人生が変わったのね。


nice!(71)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 71

コメント 16

斗夢

そういうことがあったんですか!
人生どこでいつなにがあるかわかりませんね。
by 斗夢 (2017-03-12 06:02) 

green_blue_sky

何があるかわからないですね。
あの日は忘れることはないです・・・
by green_blue_sky (2017-03-12 07:45) 

oko

6年ですね・・・
あの日、家に居て、地震の直前に停電になったんです。
だんだん暗くなると何度も揺れるけど、懐中電灯集めて
震えてました。
まだ寒い時期なのに暖房が入らず、家族でキッチンに布団
持って来て集まってましたっけ・・・
計画停電もあったりして大変でしたね・・・
by oko (2017-03-12 08:09) 

旅爺さん

震災から6年、やはり震災の影響でいろんな事があったんですね。
”昨日当地で三陸のイベントやってたので
焼きホタテや焼き牡蠣に牡蠣飯など食べて応援してきました。
by 旅爺さん (2017-03-12 08:18) 

とし@黒猫

毎年、3.11になるとTVで特集をやります。
8.15, 12.8に戦争特集やるのと同じ。
それ以外の時期は、すっかり忘れ去っているかのようです。
by とし@黒猫 (2017-03-12 09:41) 

kohtyan

あれから6年、家族を亡くした多くの人々の悲しみは、癒えることは
ないでしょう、いまも多くの人が行方不明ですからね。自分は幸いにして
帰宅困難者ですみました。特集番組を見るたびに、涙が出てきます。
あの震災を機に、大きく人生が変わった人は数知れません。
前を向いて、歩き続けることしかないのでしょうね。
by kohtyan (2017-03-12 12:21) 

ゆう

当時の映像は今でも見るのがつらいです。
直接被害を受けた方は、まだまだ見たくないし、放送されること自体が嫌かもしれません。
しかし、直接被害を受けていない自分は、忘れないようにちゃんと見なければと思っています。
直接だけでなく、間接的な被害もいっぱいあったでしょう。
残念ながら自然災害は人間の力では完全に防げませんが、被害を小さくする知恵がもっと欲しいところです。
by ゆう (2017-03-12 19:18) 

ヨッシーパパ

もう6年になるんですね。
まだまだ、鮮明に記憶に残っています。
個人的には、直接的な被害は無く物理的には無事でしたが、余震が続いたり、放射能汚染が気になったり、節電のことや、マスコミの報道が、震災一色で、精神的にはかなりつらかったです。
by ヨッシーパパ (2017-03-12 19:22) 

みずき

斗夢さま

まさに、人生一寸先は闇ってこういうことか・・・
となりました。しかも、かなり方面が限定される
分野だったので、どこの館にも行けなかったんです・・・
by みずき (2017-03-12 22:48) 

みずき

green_blue_skyさま

変わらない日々はダメだっていう人もいるけど
昨日と同じ今日、今日と同じ明日っていうのも
大切だよなって感じています。
by みずき (2017-03-12 22:49) 

みずき

okoさま

地震前にすでに停電があったんですね。
わたしはデパートの書店にいて、揺れた後に停電しました。
幸い、自宅近辺は電気が通っていたのでTVをつけたら
信じられない光景が広がっていて・・・
水がなくなったりしましたね。もう二度は嫌だなぁと思います。
by みずき (2017-03-12 22:55) 

みずき

旅爺さんさま

被災地を離れた関東で、取引先があるわけでも
ない職場でこんなことが起こりました。
人生、何が起こるか本当にわからないです。
特産品が復活していくのは喜ばしいですね。
by みずき (2017-03-12 22:57) 

みずき

とし@黒猫さま

真珠湾や終戦の日付に近くなると特集してますね。
あと、沖縄戦終結の6月もですかね。
ある意味、当事者なので毎月毎日、あれさえなければと
悶々としてしまう時間があります。
by みずき (2017-03-12 23:00) 

みずき

kohtyanさま

ご家族を亡くされまだ見つかっていない方にとっては
本当にあっという間の6年だったのかなと。
金曜日だったこともあって、多くの人が帰ろうとしたようですね。
わたしはシフトの関係で休みでしたが、翌日の出勤が大変でした。
館内で、多くの職員が翌日開館するかどうかはさておき、
とどまることを選んだそうです。最低限の毛布とか備蓄があると
いいんでしょうが、なかなかスペースの問題で用意のない会社も
あるようですね。
by みずき (2017-03-12 23:04) 

みずき

ゆうさま

冬至の映像も流れますが、その後の地震や
訓練の映像も出てますよね。
あれだけ逃げろってなったのに、それでも
車を使う人が多いのを見て、不思議です。
現地の事情は分からないですが、どうすれば
はやく避難できるかのためにも、津波の早さの
映像は必要だなと感じました。
by みずき (2017-03-12 23:07) 

みずき

ヨッシーパパさま

うちの母も、繰り返される津波の映像と
刻々と最悪に向かって突っ走る第一原発の
映像、品薄になっていくスーパーの棚や
輪番停電の発表で精神的にまいってました。
これはダメだ、と思い、あえてオープンを決行した
ショッピングセンターに連れて行き、品物が西から
入ってきているのを見て、まだ日本は大丈夫と
少し持ち直しました。
by みずき (2017-03-12 23:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0