So-net無料ブログ作成

口角炎なのでバナナ買ってきた [日々徒然]

三連休も終わりかぁ・・・あともう1日くらい
休んでもいいかな?

そして、やっぱり海の日は20日がいいです。
ごろ合わせじゃなくて、謂れがあって決まった日は
やっぱりその日であって欲しいっていうのと、
20日なら海の日って言われても納得な天気に
なってそうだから。

今日みたいな日だと、なんだかねぇってなります。

そうそう、一昨日あたりからじわじわと痛いなぁって
思ってた口角炎ですが、かなり痛くなってきました。

痛くないレベルの開け方だと、確実に流動食しか
食べられないです。う~ん、困った・・・

いや、ここは流動食中心にして減量するか?
でもビタミンB2とかB6とかを接種しないとって
サイトに書いてあるんですよねぇ。

それじゃあってことで、バナナ買ってきました。
ビタミンB6が含まれてるものに、バナナが挙げられてたんで。
それに、バナナならいざとなったらバナナジュースにできますし。
つまりは流動食・・・







nice!(56)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年07月14日のつぶやき 2019/07/15


nice!(15)  コメント(0) 

日本の歴史と刀剣男士 [2.5次元]

昨日のバスのやつね、何が怖いって全然盛ってなくって
全部リアルってとこなんですよね・・・

まいっか。

今日はコミックシティです、ビッグサイトです。
雨なのでキャリーではなく手持ち系で。
なので持てる量に限りがあるのと、壁サークルさんで
行きたいところがあったんですが、外に列が長くできてる
ところは通販にすることにしました。なので7割くらいの
消化率です。でもね、今日はもう1件用事があるから
それくらいの疲労度でとどめておきます。

ミュージカル刀剣乱舞の源氏双騎出陣ーSOGA-の
ライブビューイングです。いやほんと、譲ってくれる
方がいて助かりましたよ。ここまで当たらないの初めて。

まあ会場がステラボールってあたりで、キャパに
問題ありです。わたしたちにチケットがご用意される
ためには興行主さんがキャパのある会場をご用意
してくれないとね。

今までにやってきた加州清光単騎出陣が、本公演の
2部のみ、いわゆるライブ形式のものだったので、
双騎発表当初は、これもそうだろうって思ってたんですよね。
でも、キャストさんや脚本とかが発表になって、どうやら
そうじゃないらしいぞと。

出陣する刀が源氏の髭切と膝丸だし、副題にSOGAって
なってるし、こりゃ曽我物語だなってね。

わたしの世代がオタク第何世代なのかはわかりませんが
少なくとも自分たちの世代は何だかんだで大河ドラマを
見てる世代なんですよね。TVの台数も1~2台で、親に
チャンネル権があって、まあ何となく一緒になって
分からないなりに見てるんですよ。

そうすると自然と武将の名前を覚えるんですよね。
そしてクラスの後ろの棚に置いてある、漫画日本の
歴史で史実を補完して、ってなります。

なので興味の度合いは違っても、歴史の素地があるのが
オタクだと思ってます。そこへきてBASARAとか色々
歴史系のゲームがあったりね。ちなみにわたしの場合は
侍トルーパーも影響してますよ。

刀剣男士は、実在するもの、物語上だけと思われるもの、
消失してしまったもの、被災したもの、戦中戦後に
所在が分からなくなってしまったもの、そんな刀たち
ですが、それぞれに元の持ち主の歴史を語り継ぐ
寄る辺でもあります。

それは日本の歴史が語り継がれ、伝わってきて、
そして纏わるものも一緒に今の時代に残ってるから
なんだと思うんですよね。

誰の所有だったか、どういう逸話があるのか、どんな
来歴を持っていて、今もあるのか失われたのか。
ドラマティックです。

オンラインゲームとしてのリリース前から、絵師さんや
中の人(声優さん)で話題になってましたが、武将や
逸話が一振りの刀に盛り込まれていて、さらに刀同士が
同じ主のもとに同時期にあったり入れ替わりであったり、
そういった設定、というか事実ですね。盛り盛りで
面白いんですよね。

もちろん、ミュージカルや舞台になったときに、
2,5Dファンなら知らない人はいないっていうクラスの
役者をそろえたことも人気の一つではあるんですけどね。

ただね、やっぱり「物語を持つもの」として見ると
すっごく面白いんですよね。

源氏の重宝、髭切と膝丸。数多くの逸話とその時に
付けられた名前を持っていて、のちに頼朝と義経兄弟
それぞれのもとにあって、でまあ今はこれが髭切と
膝丸とされる刀は複数あります。

今回のSOGA、曽我物語でも義経が奉納した刀が
曽我弟に仇討の時に渡されてますしね。義経が奉納した
刀は薄緑、つまり膝丸です。

膝丸のキャストが曽我の弟として薄緑を箱根別当から
渡されて、仇討に挑む。メタいけど良いわぁ~。

公演が始まってすぐ、物が語る故物語、って語りが入るし
他の曽我物語とは少し展開が違うし、二部のライブパート
では自分たちが演じた、って言ってるし。

そんな構成から、今回の双騎出陣は「膝丸」を語り継いで
行くための「任務」だった。って感じですかね。
なんで「膝丸」かっていうと、弟の刀だけが箱根別当から
「義経が奉納した刀」って言われて手渡されてるから。
兄が持ってた刀については、特に言及されず、です。

頼朝のもとにあった髭切、義経のもとにあった薄緑。
薄緑は義経によって箱根に奉納されるわけですよ。
そんな逸話を持つ刀剣男士の髭切と膝丸が演じた
曽我兄弟は、仇を打った後、兄弟重なり合って
果てます。本来の曽我物語とは違うけど、分かれて
しまった自分たちは、もしもの時はこうありたいって
いう願いを込めて演じたんだとしたら、オタクにとって
最高にエモいわぁ~~。

























nice!(44)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感